30日、笠松競馬場11Rで行われた第24回ライデンリーダー記念(SPⅠ)は、先手を取った高木健騎手騎乗の3番人気フーククリスタル(2、笠松井上孝彦厩舎)が直線でもリードを守り切って、最後は追い込んだ柴田勇真騎手騎乗の2番人気マナバレンシア(2、金沢金田一昌厩舎)にクビ差をつけ優勝しました。勝ちタイムは1分28秒5(良)でした。

さらに1.1/2馬身差の3着に藤原幹生騎手騎乗の9番人気ギリニンジョウ(2、笠松井上孝彦厩舎)が入りました。なお、大畑雅章騎手騎乗の1番人気ニジイロ(2、愛知川西毅厩舎)は8着に終わっています。

勝ったフーククリスタルは、父ベーカバド、母パッションメイト、その父アグネスタキオンという血統です。このレースを勝って、重賞初勝利を飾りました。通算成績は9戦5勝です。
Raiden_Leader_Kinen_2020