25日、佐賀競馬場6Rで行われた第22回九州大賞典(重賞)は、早めに好位に上がっていった鮫島克也騎手騎乗の1番人気グレイトパール(7、佐賀川田孝好厩舎)が、2周目向正面で先頭に立って後続を突き放し、石川慎将騎手騎乗で2着の4番人気アンバラージュ(4、佐賀真島元徳厩舎)に5馬身差をつけ優勝しました。勝ちタイムは2分43秒5(稍重、レコードタイム)でした。

さらに5馬身差の3着に竹吉徹騎手騎乗の2番人気ゲットワイルド(4、佐賀山田徹厩舎)が入りました。なお、山口勲騎手騎乗の3番人気エアーポケット(3、佐賀真島元徳厩舎)は5着に終わっています。

勝ったグレイトパールは、父キングカメハメハ、母フォーチュンワード、その父デヒアという血統です。昨年に続く九州大賞典の連覇を達成しました。
Kyushu_Daishoten_2020

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット