24日、東京競馬場11Rで行われた第23回富士ステークス(GⅡ)は、中団でレースを進めた福永祐一騎手騎乗の5番人気ヴァンドギャルド(4、JRA栗東藤原英昭厩舎)が、直線で外から各馬を差し切り、M.デムーロ騎手騎乗で2着の3番人気ラウダシオン(3、JRA栗東斉藤崇史厩舎)に1.1/4馬身差をつけ優勝しました。勝ちタイムは1分33秒4(良)でした。

さらに1.1/4馬身差の3着に津村明秀騎手騎乗の6番人気ケイアイノーテック(5、JRA栗東平田修厩舎)が入りました。なお、戸崎圭太騎手騎乗の1番人気サトノアーサー(6、JRA栗東池江泰寿厩舎)は9着、柴田大知騎手騎乗の2番人気スマイルカナ(3、JRA美浦高橋祥泰厩舎)は10着に終わっています。

勝ったヴァンドギャルドは、父ディープインパクト、母スキア、その父Motivatorという血統です。これが待望の重賞初制覇となりました。また、本馬はこの勝利で11月22日に行われるマイルチャンピオンシップの優先出走権を獲得しました。
Fuji_Stakes_2020Fuji_Stakes_2020