18日、佐賀競馬場6Rで行われたJRA認定第31回九州ジュニアチャンピオン(重賞)は、2番手でレースを進めた鮫島克也騎手騎乗の1番人気シュリーデービー(2、佐賀真島元徳厩舎)が、3コーナーで先頭に立って押し切り、真島正徳騎手騎乗で2着の2番人気アルティマソウル(2、佐賀真島元徳厩舎)に1馬身差をつけ優勝しました。勝ちタイムは1分29秒8(良)でした。

さらに2馬身差の3着に石川慎将騎手騎乗の3番人気キングサリ(2、佐賀渡辺博文厩舎)が入りました。

勝ったシュリーデービーは、父カレンブラックヒル、母アイズオブナタリー、その父カンパニーという血統です。通算成績はこれで6戦4勝(重賞1勝)です。