18日、京都競馬場11Rで行われた第25回秋華賞(GⅠ)は、中団追走から3~4コーナーで先団に取りついた松山弘平騎手騎乗の1番人気デアリングタクト(3、JRA栗東杉山晴紀厩舎)が、直線に入って抜け出し、同馬の内で脚を伸ばした大野拓弥騎手騎乗の10番人気マジックキャッスル(3、JRA美浦国枝栄厩舎)に1.1/4馬身差をつけ優勝しました。勝ちタイムは2分0秒6(稍重)でした。

さらに3/4馬身差の3着に藤岡康太騎手騎乗の9番人気ソフトフルート(3、JRA栗東松田国英厩舎)が入りました。なお、和田竜二騎手騎乗の3番人気ウインマイティー(3、JRA栗東五十嵐忠男厩舎)は9着、川田将雅騎手騎乗の2番人気リアアメリア(3、JRA栗東中内田充正厩舎)は13着、C.ルメール騎手騎乗の8番人気サンクテュエール(3、JRA美浦藤沢和雄厩舎)は16着、M.デムーロ騎手騎乗の7番人気クラヴァシュドール(3、JRA栗東中内田充正厩舎)は17着、池添謙一騎手騎乗の13番人気ホウオウピースフル(3、JRA美浦大竹正博厩舎)はドンベ(最下位)の18着に終わりました。

勝ったデアリングタクトは、父エピファネイア、母デアリングバード、その父キングカメハメハという血統です。単勝1.4倍の圧倒的支持に応え、デビューから無敗で桜花賞オークス秋華賞の牝馬3冠を達成しました。牝馬3冠はメジロラモーヌスティルインラブアパパネジェンティルドンナアーモンドアイについで史上6頭目。無敗での達成は史上初の快挙です。
Shukasho_2020Shukasho_2020Shukasho_2020Shukasho_2020Shukasho_2020