30日、船橋競馬場11Rで行われた第67回日本テレビ盃(GⅡ)は、前3頭から離れた4番手でレースを進めた三浦皇成騎手騎乗の5番人気ロードブレス(4、JRA栗東奥村豊厩舎)が、直線に入って一気に抜け出し、中団から追い上げた戸崎圭太騎乗騎手の3番人気デルマルーヴル(4、JRA美浦戸田博文厩舎)に2馬身差をつけ優勝しました。勝ちタイムは1分50秒5(稍重)でした。

さらに2.1/2馬身差の3着に森泰斗騎手騎乗の7番人気ストライクイーグル(7、南関東大井藤田輝信厩舎)が入りました。なお、C.ルメール騎手騎乗の1番人気アナザートゥルース(6、JRA美浦高木登厩舎)は5着、坂井瑠星騎手騎乗の2番人気ダノンファラオ(3、JRA栗東矢作芳人厩舎)は7着に終わっています。

勝ったロードブレスは、父.ダノンバラード、母ミステリューズ、その父ナリタトップロードという血統です。前走のBSN賞に続く2連勝、ダート転向後6戦5勝という好成績で初の重賞制覇を果たしました。
Nihon-TV-hai_2020

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット