27日、中山競馬場11Rで行われた第66回産経オールカマー(GⅡ)は、道中は中団後方に構えた戸崎圭太騎手騎乗の5番人気センテリュオ(5、JRA栗東高野友和厩舎)が、直線で外から一気に脚を伸ばして、好位追走から一旦は抜け出した津村明秀騎手騎乗の2番人気カレンブーケドール(4、JRA美浦国枝栄厩舎)をゴール寸前で捕らえ、これにハナ差をつけ優勝しました。勝ちタイムは2分15秒5(稍重)でした。

さらに1.1/4馬身差の3着に田辺裕信騎手騎乗の3番人気ステイフーリッシュ(5、JRA栗東矢作芳人厩舎)が入りました。なお、横山典弘騎手騎乗の1番人気ミッキースワロー(6、JRA美浦菊沢隆徳厩舎)は5着、三浦皇成騎手騎乗の6番人気ジェネラーレウーノ(5、JRA美浦矢野英一厩舎)は7着に終わっています。

勝ったセンテリュオは、父ディープインパクト、母アドマイヤキラメキ、その父エンドスウィープという血統です。これが待望の重賞初制覇となりました。
Sankei_sho_All_Comers_2020Sankei_sho_All_Comers_2020