13日、盛岡競馬場11Rで行われた第28回青藍賞(M2)は、中団からポジションを上げていった山本聡哉騎手騎乗の1番人気ヒガシウィルウィン(6、岩手菅原勲厩舎)が、直線で先頭に立って後続を突き放し、岩本怜騎手騎乗で2着の2番人気パンプキンズ(4、岩手伊藤和忍厩舎)に7馬身差をつけ優勝しました。勝ちタイムは1分38秒6(良)でした。

さらに大差の3着に高橋悠里騎手騎乗の4番人気スカイサーベル(6、岩手小林俊彦厩舎)が入りました。なお、村上忍騎手騎乗の3番人気ヴィグラスムーヴ(7、岩手及川良春厩舎)は4着に終わっています。

勝ったヒガシウィルウィンは、父サウスヴィグラス、母プリモタイム、その父ブライアンズタイムという血統です。南関東船橋からの移籍後2連勝での重賞制覇となりました。通算成績はこれで36戦11勝(重賞7勝)です。