12日、中山競馬場11Rで行われた第5回紫苑ステークス(GⅢ)は、2番手でレースを進めた田辺裕信騎手騎乗の5番人気マルターズディオサ(3、JRA美浦手塚貴久厩舎)が、直線手前で先頭に立って押し切り、武豊(たけゆたか)騎手騎乗で2着の10番人気パラスアテナ(3、JRA美浦高柳瑞樹厩舎)に1.1/4馬身差をつけ優勝しました。勝ちタイムは2分2秒1(稍重)でした。

さらにクビ差の3着にC.ルメール騎手騎乗の3番人気シーズンズギフト(3、JRA美浦黒岩陽一厩舎)が入りました。なお、和田竜二騎手騎乗の2番人気ウインマイティー(3、JRA栗東五十嵐忠男厩舎)は6着、戸崎圭太騎手騎乗の1番人気スカイグルーヴ(3、JRA美浦木村哲也厩舎)は9着に終わっています。

勝ったマルターズディオサは、父キズナ、母トップオブドーラ、その父Grand Slamという血統です。春のチューリップ賞に続く重賞2勝目を飾りました。また、本馬及び2着のパラスアテナ、3着のシーズンズギフトは10月18日に行われる秋華賞の優先出走権を獲得しました。
Shion_Stakes_2020

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット