23日、高知競馬場7Rで行われた第43回建依別賞(重賞)は、2番手でレースを進めた赤岡修次騎手騎乗の2番人気スリラーインマニラ(7、高知田中守厩舎)が、直線に入って先頭に立ち、外からしぶとく詰め寄った西川敏弘騎手騎乗の1番人気ダノングッド(8、高知別府真司厩舎)を振り切って、これにアタマ差をつけ優勝しました。勝ちタイムは1分30秒7(良)でした。

さらにクビ差の3着に佐原秀泰騎手騎乗の4番人気ハーツジュニア(8、高知国沢輝幸厩舎)が入っています。なお、岡村卓弥騎手騎乗の3番人気エイシンヴァラー(9、高知雑賀正光厩舎)は6着に終わっています。

勝ったスリラーインマニラは、父キンシャサノキセキ、母ナイツエンド、その父エンドスウィープという血統です。通算52戦目にして待望の重賞初制覇を飾っています。