18日、金沢競馬場11Rで行われた第38回読売レディス杯(重賞)は、好位でレースを進めた吉原寛人騎手騎乗の2番人気アークヴィグラス(4、北海道小野望厩舎)が、3コーナーで先頭に立って後続を振り切り、最後は森泰斗騎手騎乗で2着の1番人気サラーブ(5、南関東大井藤田輝信厩舎)を3馬身差突き放して優勝しました。勝ちタイムは1分34秒3(良)でした。

さらに7馬身差の3着に水野翔騎手騎乗の5番人気エースウィズ(6、南関東大井松浦裕之厩舎)が入っています。なお、田中学騎手騎乗の3番人気エイシンセラード(5、兵庫橋本忠明厩舎)は6着に終わっています。

勝ったアークヴィグラスは、父サウスヴィグラス、母キセキノショウリ、その父フジキセキという血統です。2018年大晦日の東京2歳優駿牝馬以来、実に1年8か月ぶりとなる久々の勝ち星を飾っています。重賞は6勝目です。
Yomiuri_Ladies_hai_2020

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット