9日、盛岡競馬場11Rで行われた第34回ひまわり賞(オークス)(M1)は、2番手でレースを進めた岩本怜騎手騎乗の2番人気マルケイマーヴェル(3、岩手石川栄厩舎)が、4コーナーで先頭に立ってゴールまで押し切り、中団追走から脚を伸ばした関本淳騎手騎乗の10番人気エムワンリーフ(3、岩手晴山厚司厩舎)に2馬身差をつけ優勝しました。勝ちタイムは1分52秒8(不良)でした。

さらに2.1/2馬身差の3着に高松亮騎手騎乗の7番人気アンズビジン(3、岩手佐藤雅彦厩舎)が入っています。なお、渡辺竜也騎手騎乗の1番人気ボルドープリュネ(3、岩手板垣吉則厩舎)は8着、山本聡哉騎手騎乗の3番人気ハイタッチガール(3、岩手畠山信一厩舎)は11着に終わっています。

勝ったマルケイマーヴェルは、父スマートファルコン、母ドリームレインボー、その父カコイーシーズという血統です。3ハロン(約600m)もの一気の距離延長を問題とせず、重賞初制覇を飾っています。通算成績はこれで13戦4勝です。
Himawari_sho_2020

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット