9日、新潟競馬場11Rで行われた第12回レパードステークス(GⅢ)は、2コーナーまでに先手を奪った丸山元気騎手騎乗の7番人気ケンシンコウ(3、JRA美浦小西一男厩舎)が、直線に入っても後続の追撃を許さず、最後は中団から伸びた和田竜二騎手騎乗の2番人気ミヤジコクオウ(3、JRA栗東川村禎彦厩舎)に2.1/2馬身差をつけ優勝しました。勝ちタイムは1分49秒2(不良、コースレコード)でした。

さらに3/4馬身差の3着に戸崎圭太騎手騎乗の5番人気ブランクチェック(牝3、JRA美浦栗田徹厩舎)が入っています。なお、川田将雅騎手騎乗の1番人気デュードヴァン(3、JRA美浦加藤征弘厩舎)はブランクチェックと1.3/4馬身差の4着、M.デムーロ騎手騎乗の3番人気ラインベック(3、JRA栗東友道康夫厩舎)は7着に終わっています。

勝ったケンシンコウは、父パイロ、母マトゥリアルカ、その父クリプティックラスカルという血統です。近走とは打って変わった逃げる競馬で見事重賞初制覇を飾っています。通算成績はこれで7戦3勝です。
Leopard_Stakes_2020Leopard_Stakes_2020