9日、札幌競馬場11Rで行われた第25回エルムステークス(GⅢ)は、中団の外でレースを進めたC.ルメール騎手騎乗の1番人気タイムフライヤー(5、JRA栗東松田国英厩舎)が、3~4コーナーで徐々に動いて直線で先頭に立ち、最後方から一気に捲ってきた藤岡佑介騎手騎乗の2番人気ウェスタールンド(8、JRA栗東佐々木晶三厩舎)を振り切って、最後はこれに2馬身差をつけ優勝しました。勝ちタイムは1分43秒4(良)でした。

さらに3/4馬身差の3着に大野拓弥騎手騎乗の5番人気アナザートゥルース(6、JRA美浦高木登厩舎)が入っています。なお、武豊(たけゆたか)騎手騎乗の3番人気エアスピネル(7、JRA栗東笹田和秀厩舎)は7着に終わっています。

勝ったタイムフライヤーは、父ハーツクライ、母タイムトラベリング、その父ブライアンズタイムという血統です。マリーンステークスに続く2連勝で、2017年12月のホープフルステークス以来となる久々の重賞制覇を飾っています。通算成績はこれで20戦5勝(重賞2勝)です。
Elm_Stakes_2020Elm_Stakes_2020