2日、盛岡競馬場11Rで行われた第42回せきれい賞(M2)は、4番手でレースを進めた鈴木祐騎手騎乗の2番人気アップクォーク(7、兵庫新井隆太厩舎)が、2周目3コーナーで一気にハナを奪って後続を突き放し、最後は逃げた吉原寛人騎手騎乗の1番人気ロードヴァンドール(7、南関東川崎佐々木仁厩舎)に6馬身差をつけ優勝しました。勝ちタイムは2分29秒9(良)でした。

さらにクビ差の3着に下原理騎手騎乗の5番人気エイシンレーザー(5、兵庫新子雅司厩舎)が入っています。なお、笹川翼騎手騎乗の3番人気ブラックバゴ(8、南関東大井佐野謙二厩舎)はエイシンレーザーと1.3/4馬身差の4着に終わっています。

勝ったアップクォークは、父ベーカバド、母フェルミオン、その父アグネスタキオンという血統です。兵庫移籍2戦目、盛岡初参戦のここで重賞初制覇を飾っています。通算成績はこれで23戦6勝です。
Sekirei_sho_2020