27日、東京競馬場8Rで行われた第22回東京ジャンプステークス(J・GⅢ)は、道中は中団でレースを進めた草野太郎騎手騎乗の10番人気ラヴアンドポップ(7、JRA美浦岩戸孝樹厩舎)が、最後の障害を越えてから前の各馬を差し切り、一旦は抜け出していた石神深一騎手騎乗の3番人気フォワードカフェ(8、JRA美浦和田勇介厩舎)をもゴール寸前で捕らえ、これにアタマ差をつけ優勝しています。勝ちタイムは3分27秒6(良)でした。

さらにクビ差の3着に西谷誠騎手騎乗の6番人気マンノグランプリ(4、JRA栗東角田晃一厩舎)が入っています。なお、熊沢重文騎手騎乗の1番人気トラスト(6、JRA栗東長谷川浩大厩舎)は5着、平沢健治騎手騎乗の2番人気ケイティクレバー(5、JRA栗東杉山晴紀厩舎)は12着に終わっています。

勝ったラヴアンドポップは、父アドマイヤムーン、母ラヴィングプライド、その父Quiet Americanという血統です。長期休養明け2戦目の前走は落馬競走中止となっていましたが、ここで見事巻き返して重賞初制覇を飾っています。また、鞍上の草野太郎騎手は、2013年(平成25年)の本レース以来7年ぶりの重賞勝利となっています。
Tokyo_Jump_Stakes_2020