23日、京都競馬場11Rで行われた第27回平安ステークス(GⅢ)は、好位集団の後ろでレースを進めた北村友一騎手騎乗の3番人気オメガパフューム(5、JRA栗東安田翔伍厩舎)が、直線で前の各馬を差し切り、内で食い下がった幸英明騎手騎乗の5番人気ヴェンジェンス(7、JRA栗東大根田裕之厩舎)に1.1/4馬身差をつけ優勝しました。勝ちタイムは1分56秒0(良)でした。

さらに2馬身差の3着に藤岡佑介騎手騎乗の2番人気ゴールドドリーム(7、JRA栗東平田修厩舎)が入りました。なお、池添謙一騎手騎乗の1番人気ロードレガリス(5、JRA栗東野中賢二厩舎)は10着に終わっています。

勝ったオメガパフュームは、父スウェプトオーヴァーボード、母オメガフレグランス、その父ゴールドアリュールという血統です。5か月ぶりの休み明けを制し、重賞5勝目を飾りました。通算成績はこれで16戦8勝です。
Kitamura_Yuichi_with_Omega_PerfumeKitamura_Yuichi_with_Omega_PerfumeHeian_Stakes_2020