18日、阪神競馬場11Rで行われた第29回アーリントンカップ(GⅢ)は、後方2~3番手でレースを進めた石橋脩騎手騎乗の1番人気タイセイビジョン(3、JRA栗東西村真幸厩舎)が、最内を突いて直線半ばで抜け出し、岩田望来騎手騎乗で2着の4番人気ギルデッドミラー(3、JRA栗東松永幹夫厩舎)に2馬身差をつけ優勝しました。勝ちタイムは1分34秒3(稍重)でした。

さらにクビ差の3着に原田和真騎手騎乗の5番人気プリンスリターン(3、JRA栗東加用正厩舎)が入りました。なお、藤岡佑介騎手騎乗の3番人気ボンオムトゥック(3、JRA栗東高橋亮厩舎)はプリンスリターンとクビ差の4着、川田将雅騎手騎乗の2番人気トリプルエース(3、JRA栗東斉藤崇史厩舎)は5着に終わっています。

勝ったタイセイビジョンは、父タートルボウル、母ソムニア、その父スペシャルウィークという血統です。昨年12月の朝日杯フューチュリティステークス(2着)以来となった休み明けの一戦を制し、京王杯2歳ステークスに続く重賞2勝目を飾りました。なお、鞍上の石橋脩騎手はダービー卿チャレンジトロフィーニュージーランドトロフィーに続いて、3週連続の重賞勝利となりました。

本レースで3着以内に入ったタイセイビジョンギルデッドミラープリンスリターンは、5月10日に東京競馬場で行われるNHKマイルカップの優先出走権を獲得しました。
Ishibashi Shu with Taisei Vision