11日、阪神競馬場11Rで行われた第63回サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(GⅡ)は、中団でレースを進めた松山弘平騎手騎乗の2番人気サウンドキアラ(5、JRA栗東安達昭夫厩舎)が、直線で馬群の間から抜け出し、外目から追い込んだ岩田康誠騎手騎乗の6番人気スカーレットカラー(5、JRA栗東高橋亮厩舎)に1.1/2馬身差をつけ優勝しました。勝ちタイムは1分32秒9(良)でした。

さらにクビ差の3着に松田大作騎手騎乗の11番人気ディメンシオン(6、JRA栗東藤原英昭厩舎)が入りました。なお、福永祐一騎手騎乗の3番人気ビーチサンバ(4、JRA栗東友道康夫厩舎)はディメンシオンと1/2馬身差の4着、川田将雅騎手騎乗の1番人気ダノンファンタジー(4、JRA栗東中内田充正厩舎)は5着、武豊(たけゆたか)騎手騎乗の9番人気ブランノワール(4、JRA栗東須貝尚介厩舎)は8着に終わっています。

勝ったサウンドキアラは、父ディープインパクト、母サウンドバリアー、その父アグネスデジタルという血統です。京都金杯京都牝馬ステークスに続く重賞3連勝を飾り、5月17日に東京競馬場で行われるヴィクトリアマイルの優先出走権を獲得しました。
Hanshin_Mare_Stakes_2020Matsuyama_Kohei