22日、中山競馬場11Rで行われた第69回フジテレビ賞スプリングステークス(GⅡ)は、中団後ろでレースを進めたL.ヒューイットソン騎手騎乗の6番人気ガロアクリーク(3、JRA美浦上原博之厩舎)が、直線で外から各馬を差し切り、内で食い下がった池添謙一騎手騎乗の1番人気ヴェルトライゼンデ(3、JRA栗東池江泰寿厩舎)に1.1/4馬身差をつけ優勝しました。勝ちタイムは1分49秒8(良)でした。

さらに1.3/4馬身差の3着に三浦皇成騎手騎乗の2番人気サクセッション(3、JRA美浦国枝栄厩舎)が入りました。なお、M.デムーロ騎手騎乗の3番人気ファルコニア(3、JRA栗東角居勝彦厩舎)はサクセッションとハナ差の4着に終わっています。

勝ったガロアクリークは、父キンシャサノキセキ、母ゴールドレリック、その父Kingmamboという血統です。新馬戦以来の勝利を、重賞初制覇で飾りました。また、鞍上のL.ヒューイットソン騎手も、これがJRA重賞初勝利となっています。

本レースで3着以内に入ったガロアクリークヴェルトライゼンデサクセッションは、4月19日に中山競馬場で行われる皐月賞の優先出走権を獲得しました。