21日、中山競馬場10Rで行われた第142回中山大障害(J・GⅠ)は、好位でレースを進め最終障害を越えたところで先頭に立った金子光希騎手騎乗の2番人気シングンマイケル(5、JRA美浦高市圭二厩舎)が、そのままゴールまで押し切り、2着で熊沢重文騎手騎乗の6番人気ブライトクォーツ(5、JRA栗東荒川義之厩舎)に2馬身差をつけ優勝しました。勝ちタイムは4分38秒9(良)でした。

さらに2.1/2馬身差の3着に森一馬騎手騎乗の4番人気メイショウダッサイ(6、JRA栗東飯田祐史厩舎)が入りました。なお、石神深一騎手騎乗の1番人気シンキングダンサー(6、JRA美浦武市康男厩舎)はメイショウダッサイからハナ差の4着、白浜雄造騎手騎乗の3番人気ディライトフル(8、JRA栗東大久保龍志厩舎)は10着に終わっています。

勝ったシングンマイケルは、父シングンオペラ、母ジェヴォーナ、その父トウカイテイオーという血統です。初の大障害挑戦を見事勝利で飾り、東京ジャンプステークス東京ハイジャンプに続く重賞3連勝でJ・GⅠ初制覇を飾りました。なお、鞍上の金子光希騎手もこれがJ・GⅠ初制覇。管理する高市圭二調教師にとってもこれが中央GⅠ初勝利となりました。
Mitsuki Kaneko with Shingun MichaelMitsuki Kaneko with Shingun Michael