20日、川崎競馬場11Rで行われた第30回ロジータ記念(南関東SⅠ)は、好位の後ろでレースを進めた本田正重騎手騎乗の6番人気グランモナハート(3、南関東大井福田真広厩舎)がゴール前で抜け出し、後方から追い上げた吉原寛人騎手騎乗の5番人気リトミックグルーヴ(3、南関東川崎内田勝義厩舎)に1馬身差をつけ優勝しました。勝ちタイムは2分19秒1(良)でした。

さらにアタマ差の3着に森泰斗騎手騎乗の1番人気ケイティマドンナ(3、南関東大井堀千亜樹厩舎)が入りました。なお、本橋孝太騎手騎乗の2番人気サツマキリコ(3、南関東船橋渡辺貴光厩舎)は9着に終わっています。

勝ったグランモナハートは、父フリオーソ、母アルファメガハート、その父オペラハウスという血統です。通算10戦目での初勝利が重賞制覇となりました。
Masashige Honda with Grand Mona Heart