29日、阪神競馬場11Rで行われた第65回MBSスワンステークス(GⅡ)は、好位でレースを進めた岩田康誠騎手騎乗の4番人気ダイアトニック(7、JRA栗東安田隆行厩舎)が、残り200mを切ったところで抜け出し、間を割って追い込んだ菅原明良騎手騎乗の10番人気ララクリスティーヌ(4、JRA栗東斉藤崇史厩舎)に1馬身差をつけ優勝しています。勝ちタイムは1分19秒8(良)でした。

さらにアタマ差の3着に武豊騎手騎乗の11番人気ルプリュフォール(6、JRA栗東松永幹夫厩舎)が入っています。なお、岩田望来騎手騎乗の3番人気ロータスランド(5、JRA栗東辻野泰之厩舎)は6着、横山典弘騎手騎乗の2番人気マテンロウオリオン(3、JRA栗東昆貢厩舎)は7着、C.デムーロ騎手騎乗の1番人気ホウオウアマゾン(4、JRA栗東矢作芳人厩舎)は10着に終わっています。

勝ったダイアトニックは、父ロードカナロア、母トゥハーモニー、その父サンデーサイレンスという血統です。同レースは2019年(令和元年)に続いて2度目の勝利で、重賞は通算4勝目です。この勝利により、11月20日に阪神競馬場で行われるマイルチャンピオンシップの優先出走権を獲得しています。
Swan_Stakes_2022Swan_Stakes_2022