10日、盛岡競馬場12Rで行われた第35回マイルチャンピオンシップ南部杯(GⅠ)は、先団の外でレースを進めた福永祐一騎手騎乗の1番人気カフェファラオ(5、JRA美浦堀宣行厩舎)が、逃げ粘る武豊騎手騎乗の6番人気ヘリオス(6、JRA栗東寺島良厩舎)をゴール寸前で交わし、これにハナ差をつけ優勝しています。勝ちタイムは1分34秒6(不良)でした。

さらに1/2馬身差の3着に川須栄彦騎手騎乗の3番人気シャマル(4、JRA栗東松下武士厩舎)が入っています。田中学騎手騎乗の5番人気イグナイター(4、兵庫新子雅司厩舎)は川須栄彦騎手騎乗のシャマルと1/2馬身差で地方馬最先着の4着、達城龍次騎手騎乗の13番人気オンザロックス(9、南関東大井高橋清顕厩舎)は8着、森泰斗騎手騎乗の8番人気タイムフライヤー(7、南関東大井村上頼章厩舎)は10着でした。田辺裕信騎手騎乗の2番人気アルクトス(7、JRA美浦栗田徹厩舎)は14着に終わっています。

勝ったカフェファラオは、父American Pharoah、母Mary's Follies、その父More Than Readyという血統の米国産馬です。前走府中芝の安田記念では大敗を喫しましたが、ダートに戻ってきっちり巻き返してGⅠ・3勝目を挙げています。通算成績はこれで13戦7勝(重賞5勝)です。
Mile_Champion_Ship_Nambuhai_2022Mile_Champion_Ship_Nambuhai_2022