21日、高知競馬場7Rで行われた第45回建依別賞(重賞)は、中団後方から内を通って進出した永森大智騎手騎乗の5番人気アメージングラン(5、高知打越勇児厩舎)が、直線でスムーズに外に出されて抜け出し、そのさらに外から追った多田羅誠也騎手騎乗の1番人気ダノングッド(10、高知別府真司厩舎)に1馬身差をつけ優勝しました。勝ちタイムは1分29秒4(稍重)でした。

さらに3/4馬身差の3着に宮川実騎手騎乗の2番人気ブラックランナー(8、高知打越勇児厩舎)が入りました。なお、赤岡修次騎手騎乗の3番人気カレンリズ(5、高知田中守厩舎)は7着に終わっています。

勝ったアメージングランは、父ヘニーヒューズ、母マイディアソング、その父ディープインパクトという血統です。重賞はこれが初勝利です。
Takeyoriwake_sho_2022Takeyoriwake_sho_2022