17日、大井競馬場11Rで行われた第56回黒潮盃(SⅡ)は、先手を取った森泰斗騎手騎乗の8番人気エスポワールガイ(3、南関東大井市村誠厩舎)が、そのままゴールまで逃げ切り、安藤洋一騎手騎乗で2着の1番人気クライオジェニック(3、南関東大井藤田輝信厩舎)に1.1/2馬身差をつけ優勝しました。勝ちタイムは1分53秒5(重)でした。

さらに1.1/4馬身差の3着に矢野貴之騎手騎乗の2番人気ナッジ(3、南関東大井佐野謙二厩舎)が入りました。なお、藤本現暉騎手騎乗の3番人気コスモファルネーゼ(3、南関東大井宗形竹見厩舎)は8着に終わっています。

勝ったエスポワールガイは、父エスポワールシチー、母グラナディラ、その父ファスリエフという血統です。前走1200mの優駿スプリントから距離延長をこなして重賞初制覇を飾りました。通算成績はこれで10戦3勝です。
Kuroshio_hai_2022Kuroshio_hai_2022