14日、盛岡競馬場10Rで行われた第23回若鮎賞(M3)は、先団の外でレースを進めた山本政聡騎手騎乗の1番人気フジラプンツェル(2、岩手瀬戸幸一厩舎)が、3・4コーナー中間で先頭に立って後続を引き離し、山本聡哉騎手騎乗で2着の2番人気ケープライト(2、岩手佐藤浩一厩舎)に10馬身差をつけ優勝しました。勝ちタイムは1分40秒9(重)でした。

さらに2.1/2馬身差の3着に菅原辰徳騎手騎乗の10番人気ローズトレミエ(2、岩手佐藤浩一厩舎)が入りました。なお、岩本怜騎手騎乗の3番人気レジーナ(2、岩手佐藤浩一厩舎)は10着に終わっています。

勝ったフジラプンツェルは、父メイショウボーラー、母ホワイトデイズ、その父クロフネという血統です。デビュー無傷の4連勝で重賞初制覇を果たしました。

なお、同競走は走路状態悪化のため、芝1600mからダート1600mに条件を変更して実施されました。
Wakaayu_sho_2022Wakaayu_sho_2022