28日、大井競馬場11Rで行われた第12回優駿スプリント(SⅡ)は、大外枠から好位集団に付けた本田正重騎手騎乗の2番人気プライルード(3、南関東大井藤田輝信厩舎)が、直線で手応え十分に抜け出し、外に出されて追い込んだ岡村健司騎手騎乗の11番人気エスポワールガイ(3、南関東大井市村誠厩舎)に2馬身差をつけ優勝しました。勝ちタイムは1分11秒9(良)でした。

さらに1/2馬身差の3着に笹川翼騎手騎乗の4番人気フィリオデルソル(3、南関東大井荒山勝徳厩舎)が入りました。なお、和田譲治騎手騎乗の1番人気ティアラフォーカス(3、南関東大井宗形竹見厩舎)は8着、張田昂騎手騎乗の3番人気スティールルージュ(3、南関東船橋張田京厩舎)は10着に終わっています。

勝ったプライルードは、父ラブリーデイ、母アンソロジー、その父サクラバクシンオーという血統です。昨年5月の新馬戦(門別)以来となる白星を重賞初制覇で飾りました。ラブリーデイ産駒としても重賞初勝利です。
Yushun_Sprint_2022