21日、中京競馬場11Rで行われた第29回平安ステークス(GⅢ)は、好位のインでレースを進めた松山弘平騎手騎乗の1番人気テーオーケインズ(5、JRA栗東高柳大輔厩舎)が、先に抜け出した藤岡康太騎手騎乗の7番人気ケイアイパープル(6、JRA栗東村山明厩舎)を直線半ばで交わし、最後はこれに2.1/2馬身差をつけ優勝しました。勝ちタイムは1分57秒0(良)でした。

さらに2.1/2馬身差の3着に浜中俊騎手騎乗の3番人気メイショウハリオ(5、JRA栗東岡田稲男厩舎)が入りました。なお、福永祐一騎手騎乗の2番人気オーヴェルニュ(6、JRA栗東西村真幸厩舎)は6着に終わっています。

勝ったテーオーケインズは、父シニスターミニスター、母マキシムカフェ、その父マンハッタンカフェという血統です。サウジアラビアからの帰国初戦を勝利し、連覇がかかる帝王賞へ向け弾みを付けました。重賞は4勝目です。
Heuan_Stakes_2022