7日、中京競馬場11Rで行われた第70回京都新聞杯(GⅡ)は、中団の内でレースを進めた岩田望来騎手騎乗の8番人気アスクワイルドモア(3、JRA栗東藤原英昭厩舎)が、直線で外に出されて脚を伸ばし、先に抜け出した酒井学騎手騎乗の7番人気ヴェローナシチー(3、JRA栗東佐々木晶三厩舎)をゴール前で差し切って、これに1/2馬身差をつけ優勝しました。勝ちタイムは2分09秒5(良、日本レコード)でした。

さらに1.1/4馬身差の3着に松田大作騎手騎乗の5番人気ボルドグフーシュ(3、JRA栗東宮本博厩舎)が入りました。なお、D.レーン騎手騎乗の1番人気ブラックブロッサム(3、JRA栗東斉藤崇史厩舎)は5着、川田将雅騎手騎乗の3番人気リアド(3、JRA栗東友道康夫厩舎)は7着、福永祐一騎手騎乗の2番人気ポッドボレット(3、JRA栗東辻野泰之厩舎)は12着に終わっています。

勝ったアスクワイルドモアは、父キズナ、母ラセレシオン、その父ゼンノロブロイという血統です。3か月ぶりの休み明けを重賞初制覇で飾りました。父キズナも13年の同レースを制しており親子制覇の達成です。