24日、阪神競馬場11Rで行われた第53回読売マイラーズカップ(GⅡ)は、後方からレースを進めた浜中俊騎手騎乗の6番人気ソウルラッシュ(4、JRA栗東池江泰寿厩舎)が、直線で外に出されて前の各馬を差し切り、2番手追走から伸びた坂井瑠星騎手騎乗の1番人気ホウオウアマゾン(4、JRA栗東矢作芳人厩舎)をもゴール前で交わして、これに1/2馬身差をつけ優勝しました。勝ちタイムは1分33秒3(稍重)でした。

さらにクビ差の3着に川田将雅騎手騎乗の4番人気ファルコニア(5、JRA栗東高野友和厩舎)が入りました。なお、菅原明良騎手騎乗の2番人気カラテ(6、JRA栗東辻野泰之厩舎)は7着、松山弘平騎手騎乗の3番人気エアファンディタ(5、JRA栗東池添学厩舎)は11着に終わっています。

勝ったソウルラッシュは、父ルーラーシップ、母エターナルブーケ、その父マンハッタンカフェという血統です。123勝クラスに続く4連勝で重賞初制覇を飾り、安田記念の優先出走権を獲得しました。

鞍上の浜中俊騎手はこの勝利で節目のJRA通算1100勝を達成しました。
Yomiuri_Milers_Cup_2022Yomiuri_Milers_Cup_2022