3日、園田競馬場11Rで行われた第64回新春賞(重賞Ⅰ)は、道中は中団に位置した吉村智洋騎手騎乗の1番人気エイシンニシパ(9、兵庫橋本忠明厩舎)が、2周目向こう正面で一気に進出して3~4コーナー中間で先頭に立ち、直後から追った廣瀬航騎手騎乗の5番人気エイシンガネーシャ(5、兵庫森沢友貴厩舎)を直線で振り切って、これにクビ差をつけ優勝しました。勝ちタイムは2分04秒9(良)でした。

さらにアタマ差の3着に田中学騎手騎乗の2番人気コスモバレット(7、兵庫石橋満厩舎)が入りました。なお、下原理騎手騎乗の3番人気エイシンデジタル(7、兵庫新子雅司厩舎)は4着に終わっています。

勝ったエイシンニシパは、父ワイルドラッシュ、母エーシンカリーナ、その父アグネスデジタルという血統です。単勝1.4倍の断然人気に応え、同レースの4連覇、通算5度目の制覇を果たしました。
Shinshun_sho_2022