2日、帯広競馬場8Rで行われた第44回帯広記念(BG1)は、第2障害を最初にクリアした菊池一樹騎手騎乗の5番人気キタノユウジロウ(7、ばんえい村上慎一厩舎、積載重量900㎏)が、ほとんど差なくクリアして追った西謙一騎手騎乗の1番人気メジロゴーリキ(8、ばんえい松井浩文厩舎、積載重量910㎏)を振り切って、これに1.2秒差をつけ優勝しました。勝ちタイムは2分24秒0(馬場水分2.3%)でした。

さらに4.3秒差の3着に西将太騎手騎乗の4番人気アアモンドグンシン(7、ばんえい小林長吉厩舎、積載重量910㎏)が入りました。なお、藤野俊一騎手騎乗の2番人気アオノブラック(6、ばんえい金田勇厩舎、積載重量920㎏)は5着、阿部武臣騎手騎乗の3番人気メムロボブサップ(6、ばんえい坂本東一厩舎、積載重量930㎏)は9着に終わっています。

キタノユウジロウは昨年6月北斗賞以来、通算4度目の重賞制覇となりました。