5日、中山競馬場11Rで行われた第71回日刊スポーツ中山金杯(GⅢ)は、好位の後ろでレースを進めた斎藤新騎手騎乗の4番人気レッドガラン(7、JRA栗東安田隆行厩舎)が、残り200mを切ったところで抜け出し、外から追い込んだ石橋脩騎手騎乗の7番人気スカーフェイス(6、JRA栗東橋田満厩舎)に2.1/2馬身差をつけ優勝しました。勝ちタイムは2分00秒1(良)でした。

さらにクビ差の3着に横山武史騎手騎乗の1番人気ヒートオンビート(5、JRA栗東友道康夫厩舎)が入りました。なお、横山和生騎手騎乗の2番人気トーセンスーリヤ(7、JRA美浦小野次郎厩舎)は5着、池添謙一騎手騎乗の3番人気ヴィクティファルス(4、JRA栗東池添学厩舎)は13着に終わっています。

勝ったレッドガランは、父ロードカナロア、母ダンスオンザルーフ、その父シンボリクリスエスという血統です。久々の2000mで変わり身を見せ、明け7歳にして待望の重賞初制覇を果たしました。管理する安田隆行調教師は節目のJRA重賞50勝目です。
Nakayama_Kinpai_2022Nakayama_Kinpai_2022Nakayama_Kinpai_2022Nakayama_Kinpai_2022