28日、高知競馬場6Rで行われた第43回金の鞍賞(重賞)は、先団の後ろに付けた赤岡修次騎手騎乗の1番人気ファーストリッキー(2、高知田中守厩舎)が、しぶとく脚を使い、内を突いて抜け出た林謙佑騎手騎乗の3番人気グットクレンジング(2、高知田中守厩舎)をゴール前で差し切って、これに1/2馬身差をつけ優勝しました。勝ちタイムは1分34秒2(重)でした。

さらに1.1/2馬身差の3着に多田羅誠也騎手騎乗の4番人気マオノウイッシュ(2、高知工藤真司厩舎)が入りました。なお、郷間勇太騎手騎乗の2番人気リュウノアンジェラ(2、高知国澤輝幸厩舎)は12着に終わっています。

勝ったファーストリッキーは、父コパノリッキー、母レディマールボロ、その父Smoke Glackenという血統です。高知転入後無傷5連勝で重賞初制覇を果たしました。当馬の父コパノリッキーにとってもこれが産駒重賞初勝利です。