21日、中京競馬場11Rで行われた第67回トヨタ賞中京記念(GⅢ)は、好位でレースを進めた松山弘平騎手騎乗の3番人気グルーヴィット(3、JRA栗東松永幹夫厩舎)が、直線で脚を伸ばして、内で森裕太朗騎手騎乗の1番人気プリモシーン(4、JRA美浦木村哲也厩舎)、外で福永祐一騎手騎乗の6番人気クリノガウディー(3、JRA栗東藤沢則雄厩舎)との叩き合いを制して優勝しました。勝ちタイムは1分33秒6(稍重)でした。

2着はハナ差で福永祐一騎手騎乗のクリノガウディー、3着はさらにクビ差で森裕太朗騎手騎乗のプリモシーンとなりました。なお、川田将雅騎手騎乗の2番人気カテドラル(3、JRA栗東池添学厩舎)は8着に終わっています。

勝ったグルーヴィットは、父ロードカナロア、母スペシャルグルーヴ、その父スペシャルウィークという血統です。府中のGI・NHKマイルカップでは10着に敗れましたが、古馬初対戦のここで巻き返して見せました。
Kohei_Matsuyama_with_Groove_It