19日、名古屋競馬場10Rで行われた第62回東海菊花賞(SPⅠ)は、中団後方からレースを進めた戸部尚実騎手騎乗の4番人気ナムラマホーホ(4、愛知藤ヶ崎一人厩舎)が、最終3コーナーから進出を開始し、先に動いて抜け出そうとしていた松井伸也騎手騎乗の1番人気チャイヤプーン(北海道村上正和厩舎)をゴール前で差し切って、これに3/4馬身差をつけ優勝しました。勝ちタイムは2分04秒0(良)でした。

さらに2.1/2馬身差の3着に大畑雅章騎手騎乗の9番人気タイガーアチーヴ(5、愛知原口次夫厩舎)が入りました。なお、田中学騎手騎乗の3番人気コスモバレット(6、兵庫石橋満厩舎)は6着、丸野勝虎騎手騎乗の2番人気トーセンレビュー(4、南関東浦和小久保智厩舎)は7着に終わりました。

勝ったナムラマホーホは、父カレンブラックヒル、母ナムラケイオス、その父ケイムホームという血統です。9月のベイスプリント以来、通算3度目の重賞制覇を果たしています。
Tokai_Kikkasho_2021Tokai_Kikkasho_2021Tokai_Kikkasho_2021