17日、大井競馬場11Rで行われた第54回ハイセイコー記念(SⅠ)は、先手を取った森泰斗騎手騎乗の2番人気ノブレスノア(2、南関東浦和小久保智厩舎)が、直線で粘り腰を発揮し、2番手追走から迫った西啓太騎手騎乗の8番人気ミゲル(2、南関東船橋山中尊徳厩舎)をクビ差振り切って優勝しました。勝ちタイムは1分42秒6(良)でした。

さらに2.1/2馬身差の3着に左海誠二騎手騎乗の7番人気カイル(2、南関東浦和小久保智厩舎)が入り、「トーセン」の冠名でおなじみの島川隆哉オーナー所有馬による上位独占となりました。

矢野貴之騎手騎乗の1番人気ママママカロニ(2、南関東大井森下淳平厩舎)は4着でした。本橋孝太騎手騎乗の3番人気ジュンブルームーン(2、南関東船橋張田京厩舎)は、最後の直線コースで馬体に故障を発生したため競走中止となりました。

勝ったノブレスノアは、父トーセンブライト、母トーセンオーキッド、その父ネオユニヴァースという血統です。鎌倉記念・3着から巻き返して重賞初制覇を飾りました。またこの勝利で、12月15日に川崎競馬場で行われる全日本2歳優駿の優先出走権を獲得しています。
Haiseiko_Kinen_2021Haiseiko_Kinen_2021Haiseiko_Kinen_2021