13日、阪神競馬場8Rで行われた第23回京都ジャンプステークス(J・GⅢ)は、最終3コーナー前の障害飛越をきっかけに先頭に立った熊沢重文騎手騎乗の2番人気ケンホファヴァルト(8、JRA栗東森秀行厩舎)が、そのままゴールまで押し切り、直後から迫った平沢健治騎手騎乗の1番人気タガノエスプレッソ(9、JRA栗東五十嵐忠男厩舎)を3/4馬身差振り切って優勝しました。勝ちタイムは3分28秒3(良)でした。

さらに3.1/2馬身差の3着に黒岩悠騎手騎乗の3番人気ホッコーメヴィウス(5、JRA栗東清水久詞厩舎)が入りました。

勝ったケンホファヴァルトは、父マーベラスサンデー、母エイシンパンジー、その父トニービンという血統です。昨年の中山大障害2着、今年の中山グランドジャンプ2着とビッグレースで惜しい競馬が続いていましたが、ここで待望の障害重賞初制覇を果たしました。通算成績は62戦6勝です。

マーベラスサンデー産駒は、2017年(平成29年)に重賞2勝をあげたタツゴウゲキ以来、4年ぶりの重賞制覇です。残る現役馬は地方も含め(退厩馬除く)、ケンホファヴァルトの他、JRAブルーガーディアン(9)、南関東船橋セークレートゥム(6)、笠松モリデンルンバ(8)の計4頭です。
Kyoto_Jump_Stakes_2021Kyoto_Jump_Stakes_2021