30日、東京競馬場11Rで行われた第10回アルテミスステークス(GⅢ)は、後方でレースを進めたM.デムーロ騎手騎乗の7番人気サークルオブライフ(2、JRA美浦国枝栄厩舎)が、直線で外に出されてよく伸び、抜け出していた松山弘平騎手騎乗の2番人気ベルクレスタ(2、JRA栗東須貝尚介厩舎)をゴール寸前で差し切って、これにクビ差をつけ優勝しました。勝ちタイムは1分34秒0(良)でした。

さらに3/4馬身差の3着に福永祐一騎手騎乗の8番人気シゲルイワイザケ(2、JRA栗東渡辺薫彦厩舎)が入りました。なお、C.ルメール騎手騎乗の1番人気フォラブリューテ(2、JRA美浦宮田敬介厩舎)は5着、戸崎圭太騎手騎乗の3番人気ロムネヤ(2、JRA美浦国枝栄厩舎)は8着に終わっています。

勝ったサークルオブライフは、父エピファネイア、母シーブリーズライフ、その父アドマイヤジャパンという血統です。9月の未勝利に続く連勝で重賞初制覇を飾りました。

鞍上のM.デムーロ騎手はこの勝利で、JRA重賞通算100勝を達成しました。
Artemis_Stakes_2021Artemis_Stakes_2021Artemis_Stakes_2021