26日、盛岡競馬場8Rで行われた第11回OROターフスプリント(M2)は、外枠から押して先手を取った岩本怜騎手騎乗の4番人気クラヴィスオレア(5、北海道小野望厩舎)が、後続を寄せ付けずゴールまで逃げ切り、山本聡哉騎手騎乗で2着の2番人気エムティアン(5、北海道山口竜一厩舎)に7馬身差をつけ優勝しました。勝ちタイムは58秒0(重)でした。

さらに1.1/2馬身差の3着に達城龍次騎手騎乗の5番人気ケンガイア(5、南関東船橋新井清重厩舎)が入りました。なお、村上忍騎手騎乗の3番人気ハッピーホンコン(3、北海道田中淳司厩舎)は4着、七夕裕次郎騎手騎乗の1番人気ツーエムマイスター(9、岩手飯田弘道厩舎)は5着に終わっています。

勝ったクラヴィスオレアは、父レッドスパーダ、母クラリン、その父キングヘイローという血統です。地方転入後初の芝となったここで変わり身を見せて重賞初制覇を飾りました。通算成績はこれで27戦5勝です。
ORO_Turf_Sprint_2021ORO_Turf_Sprint_2021