24日、佐賀競馬場6Rで行われた第4回佐賀オータムスプリント(重賞)は、先団の後ろでレースを進めた倉富隆一郎騎手騎乗の3番人気フォークローバー(7、佐賀山田徹厩舎)が、逃げ粘る川島拓騎手騎乗の2番人気チェキラ(5、佐賀土井道隆厩舎)をゴール前で差し切り、これに1.1/4馬身差をつけ優勝しました。勝ちタイムは1分29秒8(良)でした。

さらに2.1/2馬身差の3着に飛田愛斗騎手騎乗の1番人気ノーフィアー(7、佐賀三小田幸人厩舎)が入っています。

勝ったフォークローバーは、父トーセンブライト、母トーセンクラッチ、その父トーセンダンスという血統です。昨年の同レースも制しており、連覇の達成となりました。通算成績はこれで77戦19勝(重賞2勝)です。
Saga_Autumn_Sprint_2021Saga_Autumn_Sprint_2021Saga_Autumn_Sprint_2021