6日、大井競馬場11Rで行われた第55回東京盃(GⅡ)は、好位の外でレースを進めた松山弘平騎手騎乗の7番人気サクセスエナジー(7、JRA栗東北出成人厩舎)が、直線で先頭に立ち、内から迫った柴田善臣騎手騎乗の1番人気リュウノユキナ(6、JRA美浦小野次郎厩舎)を振り切って、これに3/4馬身差をつけ優勝しました。勝ちタイムは1分10秒3(稍重)でした。

さらにクビ差の3着に川田将雅騎手騎乗の2番人気レッドルゼル(5、JRA栗東安田隆行厩舎)が入りました。なお、C.ルメール騎手騎乗の3番人気コパノキッキング(6、JRA栗東村山明厩舎)はレッドルゼルと1.1/2馬身差の4着に終わっています。

勝ったサクセスエナジーは、父キンシャサノキセキ、母サクセスアイニー、その父ジャングルポケットという血統です。前走オーバルスプリント・7着から巻き返して、昨年12月の兵庫ゴールドトロフィー以来通算6度目の重賞制覇を果たしました。またこの勝利で、11月3日に金沢競馬場で行われるJBCスプリントの優先出走権を獲得しました。