20日、大井競馬場11Rで行われた第2回ゴールドジュニア(SⅢ)は、3番手でレースを進めた矢野貴之騎手騎乗の2番人気ママママカロニ(2、南関東大井森下淳平厩舎)が、直線で持ったまま先頭に立つと後続を千切って独走。最後は逃げた笹川翼騎手騎乗の1番人気コパノミッキー(2、南関東大井堀千亜樹厩舎)に9馬身差をつけて優勝しました。勝ちタイムは1分11秒5(稍重)でした。

さらに1.1/4馬身差の3着に張田昂騎手騎乗の4番人気コーミズアムール(2、南関東大井米田英世厩舎)が入りました。なお、森泰斗騎手騎乗の3番人気グロリアスセプター(2、南関東大井福永敏厩舎)は6着に終わっています。

勝ったママママカロニは、父ホッコータルマエ、母カラダダイヤモンド、その父ステイゴールドという血統です。新馬特別に続く無傷3連勝を飾りました。
Gold_Junior_2021Gold_Junior_2021Gold_Junior_2021Gold_Junior_2021