18日、中京競馬場8Rで行われた第23回阪神ジャンプステークス(J・GⅢ)は、中団後方から追い上げた石神深一騎手騎乗の3番人気トゥルボー(5、JRA美浦小笠倫弘厩舎)が、最終障害をほとんど同時にクリアした五十嵐雄祐騎手騎乗の1番人気サーブルオール(8、JRA美浦萩原清厩舎)との追い比べから抜け出し、これに3馬身差をつけ優勝しました。勝ちタイムは3分38秒3(不良)でした。

さらに5馬身差の3着に西谷誠騎手騎乗の4番人気マーニ(5、JRA栗東鮫島一歩厩舎)が入りました。なお、黒岩悠騎手騎乗の2番人気サトノファイター(5、JRA栗東高橋亮厩舎)は5着に終わっています。

勝ったトゥルボーは、父オルフェーヴル、母フェアエレン、その父Street Cryという血統です。新潟ジャンプステークスに続き障害重賞連勝を飾りました。
Hanshin_Jump_Stakes_2021Hanshin_Jump_Stakes_2021Hanshin_Jump_Stakes_2021Hanshin_Jump_Stakes_2021