12日、佐賀競馬場9Rで行われた第18回ロータスクラウン賞(重賞)は、2番手でレースを進めた山口勲騎手騎乗の1番人気トゥルスウィー(3、佐賀北村欣也厩舎)が、2周目向こう正面で先頭に立ってそのまま押し切り、竹吉徹騎手騎乗で2着の4番人気タガノリヴェラーノ(3、佐賀九日俊光厩舎)に1.1/4馬身差をつけ優勝しました。勝ちタイムは2分11秒7(良)でした。

さらに1/2馬身差の3着に飛田愛斗騎手騎乗の2番人気ナムラゴロー(3、高知宮川浩一厩舎)が入りました。なお、田中純騎手騎乗の3番人気テイエムサツマオー(3、佐賀平山宏秀厩舎)は9着に終わっています。

勝ったトゥルスウィーは、父ヴァンセンヌ、母ブラックウィッチ、その父ブラックホークという血統です。佐賀皐月賞九州ダービー栄城賞も制しており、この勝利で九州三冠の達成となりました。通算成績はこれで19戦11勝(重賞5勝)です。
Lotus_Clown_sho_2021Lotus_Clown_sho_2021Lotus_Clown_sho_2021