27日、門別競馬場12Rで行われた第15回ブリーダーズゴールドジュニアカップ(H1)は、2番手でレースを進めた服部茂史騎手騎乗の4番人気シャルフジン(2、北海道田中淳司厩舎)が、直線入り口で先頭に立って後続を突き放し、阿部龍騎手騎乗で2着の2番人気モーニングショー(2、北海道角川秀樹厩舎)に5馬身差をつけ優勝しました。勝ちタイムは1分51秒0(良)でした。

さらに2馬身差の3着に阪野学騎手騎乗の5番人気ダイナソー(2、北海道田中正二厩舎)が入りました。なお、桑村真明騎手騎乗の1番人気エイシンスコッティ(2、北海道角川秀樹厩舎)は7着、五十嵐冬樹騎手騎乗の3番人気ウン(2、北海道林和弘厩舎)は9着に終わっています。

勝ったシャルフジンは、父ヘニーヒューズ、母シャーペンエッジ、その父クロフネという血統です。前走の栄冠賞では1番人気に支持されるも4着に敗れましたが、ここで見事巻き返しました。
Breeders_Gold_Junior_Cup_2021_Breeders_Gold_Junior_Cup_2021_Breeders_Gold_Junior_Cup_2021_