25日、金沢競馬場11Rで行われた第69回北国王冠(重賞)は、好位でレースを進めた吉原寛人騎手騎乗の1番人気ハクサンアマゾネス(4、金沢加藤和義厩舎)が、2周目3コーナーで先頭に立って、直線で唯一食い下がった青柳正義騎手騎乗の3番人気ファストフラッシュ(6、金沢鈴木正也厩舎)に2馬身差をつけ優勝しました。勝ちタイムは2分8秒7(良)でした。

さらに4馬身差の3着に栗原大河騎手騎乗の5番人気エイシンレーザー(6、金沢佐藤茂厩舎)が入りました。なお、米倉知騎手騎乗の2番人気ピアノマン(4、金沢中川雅之厩舎)は4着に終わっています。

勝ったハクサンアマゾネスは、父シルポート、母オークヒルズ、その父ブライアンズタイムという血統です。利家盃百万石賞に続く重賞3連勝を飾りました。
Hokoku_Okan_2021Hokoku_Okan_2021Hokoku_Okan_2021Hokoku_Okan_2021