24日、園田競馬場11Rで行われた第11回園田FCスプリント(重賞Ⅱ)は、先団でレースを進めた畑中信司騎手騎乗の6番人気ダノングッド(9、高知別府真司厩舎)が4コーナーで抜け出すと、内を走る田中学騎手騎乗の3番人気ブランオラージュ(7、兵庫北野真弘厩舎)に6馬身差をつけ優勝しました。勝ちタイムは0分48秒5(良)でした。

さらにクビ差の3着に倉兼育康騎手騎乗の1番人気ダノンジャスティス(5、高知別府真司厩舎)が入りました。なお、下原理騎手騎乗の2番人気エイシンエンジョイ(6、兵庫橋本忠明厩舎)は5着に終わっています。

勝ったダノングッドは、父Elusive Quality、母マイグッドネス、その父Storm Catという血統です。このレースを勝って重賞2勝目を飾りました。通算成績はこれで53戦9勝です。
Sonoda_FC_Sprint_2021Sonoda_FC_Sprint_2021Sonoda_FC_Sprint_2021Sonoda_FC_Sprint_2021