20日、帯広競馬場10Rで行われた第29回北斗賞(BG3)は、第2障害を最初にクリアした松田道明騎手騎乗の7番人気キタノユウジロウ(6、ばんえい村上慎一厩舎、積載重量770㎏)が、そのままゴールまで逃げ切り、藤本匠騎手騎乗で2着の8番人気マツカゼウンカイ(7、ばんえい松井浩文厩舎、積載重量770㎏)に1.4秒差をつけ優勝しました。勝ちタイムは1分53秒1(馬場水分2.8%)でした。

さらに2.6秒差の3着に阿部武臣騎手騎乗の1番人気メムロボブサップ(5、ばんえい坂本東一厩舎、積載重量780㎏)が入りました。なお、菊池一樹騎手騎乗の3番人気ウンカイタイショウ(7、ばんえい久田守厩舎、積載重量780㎏)は9着に終わっています。

また、渡来心路騎手騎乗の2番人気アアモンドグンシン(6、ばんえい小林長吉厩舎、積載重量770㎏)は第2障害で膝をつき、最終的に競走中止となっています。

勝ったキタノユウジロウは、父カネサテンリュウ、母ヒカルロマン、その父ヒカルセンリュウという血統です。重賞はこれで3勝目です。
Hokuto_sho_2021Hokuto_sho_2021